MENU

interview

プレミアムカルビで働く、
仲間たちの声を紹介します!

  • 店長
    福永 美来翔さん

  • パティシエ
    小原 宙也さん

  • 店舗運営
    髙山 和昌さん

  • パート・
    アルバイトの声

宮前平店 店長|福永 美来翔さん

interview

良いものを提供
している喜びと、

新しい業態の
未来を切り拓く

楽しさをぜひ一緒に!

2018年入社

店長 福永 美来翔さん

プレミアムカルビで
働こうと思ったきっかけは何ですか?

外食企業で8年ほど勤務していたころ、焼肉とデザートビュッフェの新業態を立ち上げるお話をいただきました。飲食店の新業態を作ることは自分の夢でもあったので、大きなチャンスだと感じ、入社しました。
責任は大きいですが、夢に向けての大きな経験をさせていただいていると思います。

仕事の内容について教えてください。

店長の仕事は多岐にわたります。
メインの業務は、売上の獲得、数値管理、店舗社員やアルバイトの教育です。また現在は今後の新規出店に向け、業態のマニュアル整備や、適正利益を確保するためのコストカットのテストなどを店舗で行っています。いろいろと大変ですが、私は自分で考えてやっていくことが好きなので、すべてが楽しいです。
スタッフとのコミュニケーションも大切にしています。シフトも私が作るのですが、スタッフが90人と多いので、最初は少し苦労しました。私はどちらかといえば自分でやってしまうタイプなのですが、人数が多いとそれでは運営できません。「自分が変わらなければ」と社員に分担するようになりました。今の店はホール、キッチン、製菓にそれぞれ社員がいて任せられるので、最初よりだいぶ楽になりましたね。

一日の流れについて教えてください。

早番、中番、遅番とあるのですが、私は中番が多いですね。11時に出勤し、まず仕込みの準備や、当日のスタッフの状況確認を行います。キッチンに入ってお肉を切ることもありますよ。問題がなければ、シフト作成などの事務作業を行います。
ディナー営業では、基本的にホールに立ち、お客様とコミュニケーションをとったり、スタッフに指示を出したり。店長は「常連のお客様を作ることが仕事」とも思っているので、お客様には積極的にお声がけしますね。

仕事でやりがいを感じるのは、
どんなときですか?

この店で仕事をしていて一番感じるのは、お客様から「プレミアムカルビはほかの焼肉店と違う!」「いつ来ても雰囲気が良くて楽しい」などとお褒めの言葉を多くいただくことです。デザートビュッフェがあることも大きいと思うのですが、お客様の喜ばれている表情が他社の店とまったく違うんですね。
こちらから「いかがでしたか?」と声をかけなくても、「お店で作っているの?」などとお客様からお声がけしていただける。自分たちが本当に良いものを提供していて、スタッフが皆それを誇らしく思ってくれていることすべてがうれしい。丁寧に仕事ができていると思えるので、働いていてうれしいんです。
また社員やアルバイトスタッフの成長が見えたときや、売上や利益が伸びたときなども、喜びを感じますね。

プレミアムカルビで
働く魅力について教えてください。

社員は、とにかくチャンスが多いです。焼肉食べ放題という業態の中では後発ですが、だからこそ他店舗にはマネできないチャレンジがたくさんできます。まだ店舗数が多くないからこそ、一人の提案がマニュアルを変えることも多い。社員ミーティングの意見も積極的に店舗運営に生かしていくので、皆で一緒に店舗を作っていくことを実感できると思います。
年齢や性別、経験のあるなしに関わらず、実力のある人が店長になってほしいので、20代前半で100名ほどの管理ができ、売上何億という店の店長になれる可能性があるのは魅力だと思いますよ。1店舗に3~4名社員がいるので、お休みもしっかりとれますし、オンとオフの切り替えもしやすいです。

アルバイトの方は
どんな感じで働いていますか?

アルバイト・パートは、学生と主婦が主力なのですが、在籍人数も多く、シフトが比較的自由だと思います。いろいろなお店を見てきましたが、この店ではもめ事を聞くこともほとんどありません(笑)。
まだ新しい店だからか、変な上下関係がない気がします。よくオープニングメンバーで集まって、その中に入りづらい雰囲気の店がありますが、そういうことはないですね。先輩が本当にやさしい。私や社員が教えなくても、勝手に皆育っていってくれています。明るく元気な人が多くて、楽しい雰囲気の中で働けると思います。 あとは、制服がカワイイ!(笑) Leeのエプロンなんですが、こだわって選んだので、結構みんな喜んでくれています。

未来の仲間たちに
メッセージをお願いします。

仲間になってほしいのは、アルバイト・パート、社員を問わず、明るくハキハキしていて、とにかく仕事を一生懸命がんばる人ですね。そういう人が、うちは多いと思います。
焼肉とスイーツ食べ放題という新しい業態のプレミアムカルビは、まだ生まれたばかり。その新しい業態を丁寧に、一緒に育ててくれる仲間に出会うのが本当に楽しみです。やる気さえあれば、いろんなチャンスと経験ができるので、楽しみながらチャレンジしてくれる人の応募をお待ちしています。

上大岡店 パティシエ(製菓部門)|小原 宙也さん

interview

経験がなくてもOK!

本格的デザート
づくりを学べる

製菓チームの仲間に

2018年入社

パティシエ(製菓部門)
小原 宙也さん

仕事の内容について教えてください。

アルバイト・パートの皆さんにやっていただくことは、製菓の仕込みになります。プレミアムカルビのスイーツは、ジェラートが18種類、デザート10種類。これを実際に作っていただきます。マニュアルがきちんとあるので、お菓子作りの経験がない人でも大丈夫です。
私自身の仕事としては、毎日の店舗での仕込みと新作メニューの開発、パートさんにすべてを作っていただくためのマニュアル作成などになります。
製菓部門も社員が増えてきましたが、最初は一人だったので、メニュー開発などもすべて一人でやってきました。以前勤めていた店はオーナーシェフが全レシピ開発もしていたのですが、ここでは自分自身がレシピ開発やマニュアル作成をして、パティシエ経験のないパートさんに指導しなければならない。最初は試行錯誤しましたが、いい経験になっていると思います。

一日の流れについて教えてください。

まず午前9時から12時ごろまで、当日お店に出すデザートの飾りつけやジェラートの仕込みなどをやり、その後、溜め込み用の仕込みをしていきます。
その日の仕込み量にもよるのですが、私の個人的な仕事となる新作メニューの開発やマニュアル作成などに取りかかることができるのは、早くても15時、16時ぐらいになります。

プレミアムカルビで
働こうと思ったきっかけは何ですか?

私自身は製菓学校を出て、代官山にあるパティスリーで6年修行してからパティシエとして入社しました。最終の目標はどちらも「美味しいスイーツでお客様に喜んでいただくこと」ですが、アプローチの方法が別でしたので「自分の引き出しを増やせたら」と思いました。

メニューの開発などは
どのようにされているのですか?

現在は、ジェラートが毎月3種類、デザートが3カ月ごとに7種類変更になっています。
ドラマなどで見るレシピのイラスト画などは、私は描かないですね(笑)。頭の中で構成を考えて、それを実際に何通りか試作して、良いなと思ったものを選ぶようにしています。基本的には、アルバイト・パートの皆さんに仕込んでもらうので、“できるだけシンプルで、かつ美味しく”というのが与えられたミッション。今は私が何も言わなくても皆さん仕込みができるようになっています。パートの皆さんの成長を感じられたときも、やりがいを感じますね。

ほかに仕事でやりがいを感じるのは、
どんなときですか?

焼肉食べ放題の業態でデザートビュッフェが一緒になっているお店はこれまでないので、お客様がショーケースを見て喜んでくださっているときや、新作デザートを「美味しい!」と言われた時などはうれしいですね。プレミアムカルビの大きな役割を担っているので責任も重いのですが…やるしかないです(笑)。
メニュープレゼンの際に新作を試食していただくときなどは、かなりのプレッシャーがあります(笑)。ですが、これまで1年ほどやってきて、「デザートに関して、味の心配は、もうしていない」と言っていただいたので、ここまで頑張ってきた甲斐はあるのかなと思っています。

「プレミアムカルビって、
こんなところ!」という
店の雰囲気を教えてください。

焼肉店というと、女性だけでは入りにくいイメージがありますが、うちは内装もカフェのようで、デザートビュッフェもあり、入りやすいのではと思います。実際、ランチでは多くの女性が来店され、デザートをゆっくり長時間楽しまれています。
働く側の雰囲気としては、とにかく和やかですね。社員やアルバイト・パート分け隔てなく接しているので、フレンドリーな楽しい雰囲気で仕事していますよ。

プレミアムカルビで
働くメリットと、未来の仲間たちに
メッセージをお願いします。

私は製菓の立場からしか言えないので、「キッチン、ホールに加えて、焼肉店では珍しい『製菓』を学ぶことができますよ」ということでしょうか。先ほども言いましたが、丁寧に教えますので、経験がなくても大丈夫です!
デザートビュッフェのイメージだけがあって何も決まっていない状態のときは大変でしたが、なんとか形になり、評価もいただいているので、現在はこの形をさらに進めて、よりお客様に喜んでいただけるよう積み上げていきたいと思っています。ぜひ、一緒にプレミアムカルビのデザートを盛り上げていきましょう!

店舗運営|高山 和昌さん

interview

ゼロから作り上げる
喜びは、無限大!

現場からステップアップし、

新業態や海外などへ
チャレンジを

2018年入社

店舗運営 髙山 和昌さん

仕事の内容について教えてください。

店舗運営に関わることは、何でもやっています。具体的には、店舗の営業指導や各店舗のデータ集積と分析、アルバイト・パートの採用活動などです。面接だけでも200件以上応募があり、そのうち90人ほど採用するので大変です。ほかの会社の店舗よりも人数が多い理由は、平日の昼間もオープンしていることと、お肉も店内で手切りしたり、タレやスイーツも店で手作りしたりしていることがあると思います。
今は新店の出店準備もあるので、設計士さんと相談して店舗レイアウトを考えたり、新入社員も多く採用するので指導をしたり。やることは結構ありますね。

1日の流れはどのような感じですか?

勤務する場所によって違います。朝から恵比寿にある事務所で営業関係の作業をする日もあれば、各店舗で仕込みを手伝ったり、メニュー開発の指導を行ったり。キッチンで肉も切りますよ(笑)。事務所と店舗との割合は、半々ぐらいですね。

プレミアムカルビで
働こうと思ったきっかけは何ですか?

前の職場も同じ業種だったのですが、会社を辞めたあと、お世話になった上司に誘っていただいたのがきっかけです。前の職場で店舗運営の一連の流れは経験していたのですが、プレミアムカルビは、システムやコンセプトがまったく違うんですね。
食べ放題の焼肉店では、カットされた冷凍肉を店で焼くところが多いのですが、うちはすべて店内で手切りしているので新鮮さが違います。1ブロック5㎏の肉を包丁で手切りしますから、なかなか大変。焼肉店で珍しいスイーツ食べ放題も、全部店での手作り。前の職場で効率化のために排除してきた部分をフルスペックで実践しているのがプレミアムカルビなんです。
だからひと通りの経験があっても、1号店である宮前平店のオープン前は「ああでもない、こうでもない」と決めながら進めていかなければならないことが大変でした。

仕事でやりがいを感じるのは、
どんなときですか?

やはりゼロから自分たちで作り上げていく喜びでしょうか。大変ですけれど(笑)。あと、スタッフが皆「美味しいものをお客様にきちんと提供している」という認識があるのは誇らしいですね。実際に良い肉を使っているし、有名店に勤めていたパティシエが考えた手作りのスイーツは本当に美味しい。うちのデザートを食べると、ほかのファミレスのデザートは食べられなくなります。
前の職場では、効率化のために“調理”の作業を徹底的に排除していったのですが、プレミアムカルビには“調理”の過程がたくさん残っている。人手をかけて、手間ひまかけた部分がきちんとお客様に評価されているのはうれしいですね。
ただ、その部分が人件費にかかってきているのは確かなので、バランスを取っていくのが次のフェーズというか、自分のミッションでしょうか。

プレミアムカルビで働く魅力と、
どんな人に仲間になってほしいかを
教えてください。

1店舗あたりのスタッフの人数が多いので、上大岡店でも高校1年生から62歳まで幅広い層の仲間が和気あいあいと楽しく仕事をしています。また、焼肉店なのにスパイスが10種類あったり、製菓部門にも本格的な機材があったり、本格的にいろんなジャンルの調理をしたい人には勉強になると思います。
仲間になってほしいのは、とにかく大きな声で、目を見て話のできる人ですね(笑)。
私が担当しているマネージメントの仕事は、キッチン・ホール・製菓の店舗運営からのステップアップになりますが、まずは社員、店長を目指してほしいと思います。店長になれるのは、自分の作業に没頭するタイプではなく、人を介して結果を出せる人。
将来、「自分が店をやりたい」というような人がいいですね。独立心があるというのでもいいし、手に職をつけたいというのでもいいし、接客が好き、いろんなところに行きたい、というのでもいい。一番大事なのは、やはりヤル気です。

未来の仲間たちに
メッセージをお願いします。

今後店舗を増やしていくプレミアムカルビは多くの可能性を秘めています。業態の開発、ブラッシュアップ、多くの出店、多くの仲間との出会いなど、さまざまな機会に巡り合えるチャンスがたくさんあります。
私自身は、焼肉とは別業態のお店も作りたいですし、海外進出もしたいし、のれん分けのような制度を作って、自分で飲食店をやりたい人たちを応援できるようなシステムが作れないかとも思っています。そんなさまざまなチャンスを通して「成長したい」と思う人が集まる組織にしていければと思います。

interview

パート・アルバイトの声